トレンド記事作成でアクセスアップしやすいネタは?

今年も終わりが近づいてますが

この時期「2015年●●ランキング」みたいな

まとめ記事をよく見かけます。

 

いわゆる総まとめ的な時期になるので

自分の得意ジャンルでなにか

切り口を考えるのも面白いです(^_^)ノ

 

「2015」みたいな感じで年号を入れると

アクセスが集まりやすいのでおススメです。

 

使い捨てのトレンド記事にはなりますが

上手く行くと爆発的にアクセスが集まるので

やる価値はあるかな~と感じますね^^

 

2016、2017…とずっと使える手法ですし

めんどくさがって書かないライバルも多いので

上位表示がしやすいのも特徴です。

 

トレンドキーワードで記事を書き

アクセスを伸ばしたいなら狙うべきですね。

 

季節ネタも美味しい

あと主婦の方は大掃除ネタを11~12月の頃に

しっかりと書いて下準備をしてましたか?

 

当たるのが間違いない季節ネタは

積極的に狙っていくようにしましょう~

 

例えば初詣の記事

切り口としては使い古されてますが

地元の神社ならライバルはいなくて

なおかつ公式サイトすらないような神社もあります。

 

この場合は書けば余裕で上位表示できます

なぜなら書いてる人がいないからです。

 

コレは神社に限らず

地元の遊園地、観光地も同じで、

東京、大阪のような都会ならまだしも

田舎に住んでる人は狙っていくべきですね。

 

人がやらないことをやる

アフィリエイトに限らずビジネスの鉄則として

人がやらないことをやると言うのがあります、

周りと同じことをしてると二番煎じどころか

千番煎じくらいになりますので(;^ω^)

 

冒頭で紹介した2016などの

年号を入れるランキング形式の記事

使い捨てになることが多いので

書きたがらない人もいます。

 

また季節ネタもその時しか

アクセスが伸びないので嫌う人が多いです。

 

しかしみんながやらないと言うことは

ライバルが少ないので上位表示を

しやすいというメリットがあります、

逆にみんながやってることをマネすると

ライバルが多いからアクセスが伸びません。

 

みんなとあえて反対方向を攻める

人がやりたがらないことをやることで

ライバル不在のトレンドキーワードを探せます。

 

実際、PRIDE購入者さんを教えてても

始めのうちはみんなが書いてるような

キーワードで書く人が多いんですよね(;^ω^)

 

私がサポートで指導をしてるうちに

キーワード選定のコツをつかんで

ライバル不在のネタで書けるようになりますが、

一人でやってると気付かないでしょうね…

 

マクドナルドの隣にハンバーガー店を

新しく作っても稼げないのと同じで

ライバルが多いキーワードで書いても

上位表示をするのは難しいです。

 

このあたりのズラしの感覚を

手に入れると簡単に稼げますので^^

リアルからキーワードを探す

ネタを探す時に多くのアフィリエイターは

ネットの中からだけ探そうとします。

 

なので特化ブログの場合は本、雑誌などの

リアルからネタを持ってくるのが有効ですし、テレビも効果的です。

またジャンルによっては実際のお店に行くことで、

売れ筋商品、記事のネタが出来ることもあります。

 

私が某ジャンルでブログをやってた時は、

店内でグッズの写真を撮ったり、お店の人とアレコレ会話をして

1度の来店で5~10記事分のネタを仕入れてました^^

 

こういうメンドクサイことを多くの人はやらないので、

実践することでライバルに差をつけることができますよ^^

友だち追加

合わせて読みたい記事

かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

teage2

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ