サンクコストの呪縛から抜け出して効果的にアフィリエイトで稼ぐ

これだけやったんだから…

 

このような感じでダメだと分かっていながら

諦め切れずにズルズル続けてる状態を

サンクコスト(埋没費用)と言います。

 

アフィリエイトで教材を買い

実践につかったお金、時間、労力を考えると

ダメとわかってても止めれない、

続けてしまう状態をサンクコストと言います。

 

もう少し具体的にするとブログを1年以上運営して

それでも上手く行かない状態で粘るのもサンクコストです。

 

それならいっそのこと新しく作り直した方が

記事作成スキルが上がってるから上手くいくので。

 

昔は内部リンクの関係で

記事数が多ければ多いほど有利でしたが

ここ数年のGoogleの方針としてはトータルで見るので

初心者時代の残念な記事があると足をひっぱりますから(汗

 

早く諦めすぎも考え物

上手くいかないと薄々感じてながら

ダラダラ続けるのはサンクコストと言いました。

 

かと言って教材を実践して

2~3ヶ月であきらめてしまい

次々と新しい教材を買ってるようでは

ノウハウコレクターになります。

 

アフィリエイトで稼げない人の多くは

3ヶ月も続かずに諦めてしまいますが、

グーグルはある程度の記事数、

サイトの運営歴を超えないと評価しないので

検索順位が上位になりずらいんですよね(汗)

 

だから3ヶ月も持たずに諦める人は

いつまでたっても稼げないんです。

 

つまり早くあきらめすぎも良くないけど

変に意地をはっていつまでも

諦めず続けるのもダメってことです。

 

この見極めをキッチリとやらないと

稼げないのがアフィリエイトになります。

 

ちなみにコレはアフィリエイトに限らず

何にでも当てはまる法則なので

思いかえすと色々見つかるかと(^_^)ノ

 

仕事、資格試験、スポーツ、恋愛などなど

全てを共通するのがサンクコストなので。

 

人間の本能に負けるな

人間は自分のせいと考えるとプライドが傷付くので

心の防衛機能がナチュラルについてます。

 

稼げる見込みがないのにダラダラ続けてしまうのは

そこで諦めてしまうと言うことは

今まで自分がやってきたことを

自分自身で否定することになるから

サンクコストが働いてしまうわけです。

 

また教材のせいにする人も

自分のせいではなく他人のせいにしたいと言う

防衛機能が被害妄想レベルで働いてるわけです。

 

だってその教材を買うと決めたのは自分なんだから

買う前に見抜けない自分の見る目のなさが原因で

それを他人のせいにしてる時点で終わってます(汗

 

サンクコスト、素直さがない、

モチベーションが続かない、チャレンジできない

稼げないのは感情が入りすぎてるのが原因です。

 

ちなみに変化をするのをこばむと言うのも

人間の本能としてありますから(ホメオタシスと言う)

 

成功者ほど感情に振り回されないので

悟りを開いてるように感じるんだと思います。

 

こういう本能があることを知ってたら

 

「いまサンクコストのせいで続けてる状態だな…」
「腰が重いのはホメオタシスのせいか」

 

みたいな感じで分かるので

自分の力で乗り越えれるようになります^^

 

気付くことが出来たら改善できますが

気付かないと変えようがないので。

友だち追加

合わせて読みたい記事

かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

teage2

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ