被害者意識が強い人は克服しないと何しても上手くいかない

わたしは今まで大勢の人をサポートをした経験があるので

メールを見ただけで被害者意識が強い人はわかります。

 

前にこの話題について

とある方と話したのでシェアします^^

 

Aさん「前にかずぱんさんの家族って入院されましたよね?

その時って作業しなかったんですか?」

かずぱん「いや、作業してましたね」

 

Aさん「風邪ひいた時ってどうしますか?」

かずぱん「37度台ならふつうに作業しますね」

Aさん「そうですよね、私もやります」

 

このような感じでスカイプで話しました。

 

被害者意識が強い人

アフィリエイトで作業が出来ない時

家族の不幸、育児、病気、仕事で言いわけする人って

自分が悲劇のヒロインみたいにふるまうけど

それってみんな平等に起きてることなんだよね。

 

それをなんで自分だけ?

みたいな感じで悲劇のヒロインになって

言い訳してやらない人はマインドが終わってるから

そこを変えないとどうしようもないですよ。

 

ちょっとキツイ言い方にはなりますが事実です。

 

実際、私にかぎらずメンバーさんでも

子供の送り迎えをやり、仕事もやり、

子供の寝かしつけまでやり、夜遅くから作業して

翌日も仕事って人はチラホラいます。

 

でも不平不満、泣き言は言ってこないです

聞いたらこんな感じですって答えるくらいで。

 

けっきょく外部の環境

家族、仕事、病気とかが原因だと思ってる人、

自分は悪くないって現実逃避してる人は

人生レベルでうまくいってない気がします。

 

よく生活が苦しいのは政治家のせいとか

言う人がいますけどあれなんてまさしくでしょう(汗

完全に責任を丸投げして被害者ぶってるだけで

今の人生は自分が過去に選択を積み重ねた結果です。

 

お金がない人は給料が安いんじゃなくて浪費グセがある、

スポーツで結果が出ないのはコーチのせいじゃなくて努力不足。

 

自分と向き合うのはつらいことですが

臭いモノにフタをしてると人生変わらないですよ(>_<)

 

図星で逃げる人はダメ

それでこういう話をすると多くの人にとって

耳が痛い話だから耳をふさぎたくなる、

欠点と向き合うのはツライから逃げ出したくなります

コレは前も話ましたが人間の防衛本能です。

 

この欠点と向き合わないと現状は変わりません

例えばデブの人が自分と向き合ってダイエットするみたいに

欠点と向き合って努力しないと変わらないですから。

 

私は欠点を言われた時

「ああ、なるほど~ここが原因か~」となり

本とか買ってすぐに改善をします、

なので特に落ち込んだりしません。

 

服のセンスが悪いならファッション雑誌よむとか

料理ができないなら料理の本を見るとかして

出来ないことを、出来るようにしていった。

 

アフィリエイトも最初は出来ないことだらけなので

いろんなことにチャレンジして出来るようになった。

 

そうやって収益を伸ばしていったわけです。

 

自分の欠点を伸ばす、出来ないことを出来るようにする

私には前向きに生きてるように感じるんですが

ふつうの人はツライと感じるみたいです(汗

 

チャレンジしたくないのは

ホメオタシスって人間の本能です。

 

心の防衛本能、チャレンジしたくない本能

多くの人はここにとらわれてるから

上手くいかないのかもしれません(汗

 

成功者の人ほどサッパリしてるというか

悟りを開いてるように感じるのは

ふつうの人がとらわれてる常識、本能から

自由になってるからかもしれませんね~

友だち追加

合わせて読みたい記事

かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

teage2

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ