初心者が記事を書く時に注意すべき専門用語現象とは?

トレンド、アドセンス

サイトアフィリエイトなどなど

色々なジャンルの手法がありますが、

知らないネタで記事を書くのは大変です。

 

そこで最初のうちは自分がある程度

知識のあるネタを選んで書いた方が

記事が書きやすくなります。

 

アフィリエイトを始めたばかりで

記事を書くのにも慣れてない上に

サッパリ知らないネタで書こうとすると

ダブルパンチで上手く書けませんので(汗)

 

私自身、最初の内はムリせずに

自分が知ってるジャンルのネタで

記事を書いたら良いですよ~と

指導をするようにしてますので^^

 

専門用語がサラッと出てしまう

ただこの時、注意して欲しいのは

ナチュラル専門用語現象です。

 

「え? なにその言葉」

このように感じたそこのあなた!

私が作った言葉なので知らなくて当然です(笑)

 

どういう意味かと言いますと

自然と専門用語を使ってしまう現象です。

 

自分の得意ジャンルになればなるほど

知識が付けば付くほど無意識で

専門用語をサラッと使ってしまいます。

 

 

私の会員制メルマガのように

読む人のレベルが分かってる場合は

あえて専門用語を入れてもOKです。

 

でも初心者向けの記事にも関わらず

無意識レベルで専門用語を使ってしまうと

読んでる人は「?」となってしまいます。

 

読者はわざわざ質問コメントなんてしません

「このブログは分かりにくい」で閉じられます。

 

だってわざわざコメントを打つなんて

メンドクサイことあなたもしませんよね?

と言うことは他の人もしないってわけですよ。

 

ちなみにコレがトップクラスまで行ってるのが

大学教授、各ジャンルの専門家です(汗)

 

話が難しすぎて大学の講義のときに

居眠りをしてしまったことありませんか?

あれと同じことをブログでやったら

速攻で閉じられちゃうわけですよ…

 

自分の常識が他人の常識ではない

アフィリエイト用語で言うとSEO

誰でも知ってるレベルの用語ですが

初心者さんの中には知らない人もいます。

 

「最近SEOがさ~」

みたいな会話をしてる人って

リアルで見かけませんよね?

 

そりゃセミナーとかアフィリエイター

集まる場所に行けば話は別ですが、

会社の同僚、学生時代の友人と話してて

SEOって単語が出ることはまずありません。

 

これと同じで各ジャンルの専門用語も

初心者さんからすれば分からないわけです。

 

私の趣味のロードバイクでいうと

ケイデンス、コンポ、下ハンとかは

自転車ブログでは当然のように

サラッと出てきますが意味分かりますか?

 

別の趣味であるアイドルだと

推しジャン、DD、古参とかも

アイドルまとめサイトではよく出ますが

サッパリ意味が分からないですよね?

 

これと同じであなたも気付かない内に

専門用語をナチュラルで使ってないか

記事作成後にチェックしてくださいね~

 

購入者さんの記事を添削してると

初心者さん向けの記事なのに

サラッと専門用語を使ってて

私自身も「?」って時ありますから(;^ω^)

 

あなたも絶対やってますよ

ナチュラル専門用語現象(笑)

追記分

前にガイアの夜明けというテレビ番組で
陶器、手ぬぐいなど伝統工芸品について見ました。

販売会社の人はオーダーメイドの良さがわかってますが、
買う方からすると安い大量生産品との違いが分からないので、
どうしても高いモノは売れにくくなります。

だからこそ知識がない人にもウリ、良さを伝えていくことが大切になります。
 

記事作成もそうなんですが、自分は調べて書くから知識がつきます。

でも読者はわからないから調べるわけで、
少しでも分かりやすく伝える努力をしないと伝わりません。

 

特に特化ブログ、半特化の場合は
一つのジャンルでバンバン記事をかくので、
そのジャンルのプロになっていきます。

するとリサーチが省けたり、深みのある記事が書けるので有利になる一方、
専門性が高くなりすぎて初心者には難しくなります。

大学教授みたいに地に足がつかなくなったら、
初心者をターゲットに出来なくなるので、常に意識するようにしましょう
 

大学教授がまさしくなんですが、
自分では良い講義をしてると思ってるわけで
分かりにくい話をしてる自覚がないわけです(汗

そうならないように丁寧すぎるくらい丁寧にする
例え、ストーリーを交えて解説するようにしましょう^^

友だち追加

合わせて読みたい記事

かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

teage2

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ