アフィリエイトのブログ記事作成に時間がかかる人へ

記事を書くのが遅い人は私のスピードライティング講座を
受けてもらうのが手っ取り早いのですが
一番多いのが完璧主義だと感じますね(汗

サポートをしてる方とスカイプで話してると、
スラスラ言葉が出てきますし、
Skypeに限らず、誰かと話す時って
その都度、その都度ストップしないですよね?
 

でも文章の場合だとやたらと手が止まるのは
文章は完璧にすべきみたいなメンタルブロックがあるように感じます。

この場合はライティング教材を学んでも意味がないです
ようするにテクニックの問題じゃなくて
メンタル面の問題になってきますから(汗
 

記事を書くのが遅い、上手く書けないのを
テクニック不足だと思ってるから上手くいかないわけで、
「文章力をつけるためにどうするか?」と言うアプローチから
「完璧主義を止めるには?」みたいにアプローチを変えれますよ^^

思ったことを書く

例えば前に話をしてたメンバーさんは
私にメッセージを送るのに30分くらいかかると言ってましたが、
私は思ったことをそのまま出すので、10分もかかってないんですよね。

だから速い時はメールの返事が10分以内に帰ってくるんですよ(笑)

メルマガもアイデアが出たらパッと書くので、
20分くらいで書いてることが多いです。
 

特にブログの記事は後から何度でも書きかえれるのに、
その時「完璧にして出さないとダメ」と自覚症状がないレベル、
つまり無意識でのメンタルブロックがあるから、
記事作成が遅い可能性が高いです。

1記事書くのに3~4時間かかるなら、
私みたいにパッと30分くらいで書いて、
アクセスの集まり具合、検索順位を見て、
あとから30分かけて加筆修正した方が効率的です。
 

ライバルチェックをいくらしても
正確な検索順位は出さないと分かりませんし、
いくら検索ボリュームを調べても実際のアクセスは
記事を書いてみないと分かりません。

それなのにアクセスがくるかどうかもわからない記事に、
3~4時間かけるのはもったいないなーと感じますね(汗
 

それにそのとき3~4時間かけて100点で完成させても、
半年後にみたら50点
くらいですよ、、、

みんあブログ初期の記事は黒歴史って言うくらいなので(笑)

なので50記事くらいまでガーッとかいて、
あとから「50記事×30分=25時間」かけて加筆修正した方が効率的です。

時間をかければ良いの?

あと記事作成が遅い人に多いのが、
時間をかけた方がクオリティーが高くなると思ってることです。

これは日本人的な発想で、
サービス残業をたくさんしてる人が偉いみたいな、
時間をたくさん使った方が良いみたいな間違った考え方です。
 

仮に1記事かくのに4時間とすると、
途中から眠くなってエネルギーが下がるし、
煮詰まってくるのでクオリティーは下がっていきます。

だったら2時間でサクッと書いて、早く寝て翌日もう一度見直しをする。

もしくは早起きしなくてもスマホで見れるので、
電車の中でみても良いし、会社の休憩時間で見ても良いです(^_^)ノ
 

セールスレターを書く時は基本とされますが、
寝てから翌日みるとアラがめちゃくちゃ見えます。

一発で完成させようとするから完璧主義が出るわけで、
定期的に見直しをするから完璧じゃなくても良いと思うなど、
完璧主義を抑える方法を考えた方が良いです(^_^)ノ
 

ちなみに大規模の見直し、リニューアルは定期的にやるモノなので、
仮にアクセスが来てたとして後で、
見直し・加筆修正・リンクの貼り変え・誘導文の変更はやります。

一度書いたらその記事は見直さない、ではありませんので(汗

なので完璧主義をやめて記事作成スピードをアップさせましょう!

友だち追加

合わせて読みたい記事

かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

teage2

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ