サイトアフィリエイトはアクセスアップより成約率!

サイトアフィリエイトは定期的な見直しが特に大切です。

アドセンスはアクセス数×クリック率×クリック単価で、
広告への誘導は禁止、どの広告が出るか選べません。

しかしサイトアフィリエイトは広告への誘導OK、
どの広告が表示されるかも自分で選べます。
 

「アクセス数×広告ページへの誘導率×成約率×報酬単価」

1日1000アクセスなら月30000アクセス、
誘導率1%なら広告ページへ飛ぶのが300人、
そして成約率が1%なら3個売れるわけですね?

成約率アップが大切

どうしてもプライド実践者だとアクセス数に目がいきますが、
アクセス数を2倍にするのは難しいです。

でもアクセス数、誘導率、成約率を1.3倍ずつすると約2.2倍になります。

成約率は広告主のページを変えれないので、
どうしようもない気がするかもしれませんが、
自分のレビュー記事で欲しい気持ちにさせることで、
広告主のページがゴミでも成約率を上げれます。

 

また広告主のページへの誘導率は
自分のスキル次第でいくらでも上げれます。

なのでアドセンスに比べると
サイトアフィリエイト、情報教材アフィリエイトは
コピーライティング、心理学、脳科学などの
知識があるかどうかで大きく差がでます。

アクセス数が少なくても稼げる

特に購買意欲が高い層を集めたら、
1000文字くらいの記事でも成約は取れます。

1日10アクセスしかなくても3~4個売れたりしますから。

実際、PPCとか見たら分かりますが、
画像と誘導ボタンのみで文章がなくても商品は売れます(笑)
 

1日500アクセスあるなら、サイトアフィリエイトでは優秀です。
(グーグルアドセンスだと話になりませんが)

 
また広告ページへの誘導も出来てるにもかかわらず、
サッパリ売れないのは購買意欲が薄い層を集めてるからです。

アドセンスはとにかくアクセスを集めたら
ターゲット、購買意欲とか関係ないのですが、
サイトアフィリエイト、情報教材アフィリエイトは
アクセスの量より質が大切なので。

記事を書けばいいってモノじゃない

アフィリエイトをやると、
アクセス数を増やさないと稼げないと思いがちですが、
実際はそうじゃないと先ほど解説しました。

アクセス数を集めることばかり考えると、
検索ボリュームばかり見て、購買意欲の高い・低いをおろそかにします。

 

それに単純に記事を書けば良いと思ってると、
工夫がなくなって思考停止状態になります。

記事を書くのって楽なんですよね。
だからみんなワンパターンで記事ばかり書くんです。
 

私がいろいろな記事の書き方を解説しても、
同じやり方で記事を書くのは人間ルーティンワークが楽だからです。

だからワンパターンな記事を書く、
キーワード選定もまったく工夫しない、
書いたら書きっぱなしでメンテナンスをしない。

記事書きロボットになってるわけです。これじゃあ稼げませんよね(汗)

アクセス数が気になるのは分かりますが、
成約率の方が大切なので、間違えないようにしてくださいね~

友だち追加

合わせて読みたい記事

かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

teage2

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ