サイトアフィリエイトのキーワード選定はツールでOK?

PRIDEのような資産型トレンド教材をベースにして、
ごちゃ混ぜブログ、特化ブログを作りアドセンスで稼ぐ人は、
ツールでキーワード選定をすれば良いです。

しかし私をふくめてサイトアフィリエイトで稼いでる人は、
キーワード選定ツールは使わないケースが多いです。
 

だいぶ前にコミュニティーメンバー向けに、
脳内キーワード選定の音声を録ってから、
私もかなり経験を積んだので分かってきました。

サイトアフィリエイト型のキーワード選定は、
個人の能力と言うか、想像力、発想力、
頭の柔らかさが関係してしまいます。

 

トレンドアフィリエイトはツールさえあれば
小学生でも見つけられますからね~

でもツールから選ぶとライバルが多いわけで
ちょっと切り口を変えたら良いキーワードは見つかります^^

具体的にはツールを使わずに頭で考えてやるのを、
しばらく続けてるとキーワードは出るようになってきます。

なので仕事の合間とかスキマ時間を使って
考えるようにしましょう~

検索する人の立場で考える

ようするに自分がアフィリエイトする商品を
買う可能性が高いターゲット層は、
どんなキーワードで検索をするのか?

例えば太ってるのが悩みとして、
「ダイエット+●●」で検索すると考えて

関連キーワードを探して、グラフを調べて、、、
みたいなのはトレンドアフィリ的な
キーワード選定になりますので(;^ω^)
 

ごちゃ混ぜブログとかやってる人はコレでOKですが、
サイトアフィリエイトでライバルが強いジャンルだと勝負になりません。

なのでキーワード選定の発想自体を、
変える必要があるかな~と感じますね。

そのためにもツールを封印するくらいの気持ちで、
やってると自然と地頭が鍛えられますので、
一種のトレーニングと思ってやりましょう^^

私もここ数ヶ月でかなり磨かれましたので!

自分の経験をふりかえる


自分が商品を買う時に何を調べたたのか思いかえすと、
キーワード選定の発想が出てきます。

例えば自動車のプリウスを買うか迷っているとします。

この時、トレンド脳だと「プリウス+●●」で考えますよね?
 

でも本当に「プリウス+●●」で調べますか?

たしかにそれでも調べると思いますが他にも調べるはずです。
例えば「ハイブリッド ガソリン車 違い」みたいな感じで。
 

自分が何か買おうか考える時、
安いモノだとそこまで考えないでしょう。

しかし数万円以上する商品、もしくはアマゾンなどでは買えず、
名前、住所などわざわざ入力しないと買えないモノを買う時は、
お金・手間がかかるという壁を乗り越えて、
「欲しい!」と思わせたなにかがあることになります。

自分が何を調べてるのかチェックすると、
こんなキーワードで調べてたのか、、、と思うはずです(^_^)ノ

ロングテールキーワード

「商品名+●●」、「ダイエット+●●」のような、
ダイレクトなキーワードはライバルが多いので、
上位表示をするのが難しくなります。

このようなビッグキーワードではなく、
ニッチなところから集客する方法をロングテールと言います。
 

例えばマイナス金利の影響で金庫の売り上げが伸びてるそうです。

貯金するより手元に置いてた方が良いと感じる人が増えたんでしょうね。

こういう発想が出来ると、ライバル不在のキーワードが見つかります(^_^)ノ

マイナス金利 金庫って普通はつながらないですよね? 
だからこそ誰も書いてないし稼げるわけです。
 

東日本大震災の時に防災グッズ、水、食料はバカ売れしましたが、
実は自転車の売り上げがかなり伸びてます。

なぜなら首都圏の人が交通機関が止まった時、
身動きを取れるようにするためです。

東日本大震災と自転車の組み合わせは、ふつう思いつかないですよね?

連想してキーワードを見つける

大きいニュース、繰り返し報道されるニュースがあった時、
それを見た人はどうするかをイメージすると、
ライバル不在のキーワードが見つかります。

例えばベッキー不倫騒動の時に、
浮気の探偵調査の案件(単価高い)をオファーしたら
1日で10万円以上稼げたこともあります。

いわゆる日給10万円ですね(笑)
 

1 イメージできない人が多い
2 月数百万クラスの人はめんどくさいから書かない

なので意外と美味しいケースがあります(^_^)ノ

例えば高浜原発が緊急停止したニュースを見た時、

・コレを知った人は何を求めるか?
・何を欲しがるか
・なにを検索するか?

みたいな感じで考えるトレーニングをするだけで、
想像力は1ヶ月後かなり差が出てますよー

このような感じでツール頼りにならない、
キーワード選定ができるようになると、
ロングテールで稼げるようになりますよ^^

友だち追加

合わせて読みたい記事

かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

teage2

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ