サイトアフィリエイトで商標キーワード以外を狙う戦略

商標キーワードとは「どろあわわ+●●」、「アクアクララ+●●」みたいなモノです。

商標キーワードは購買意欲が高いので、
上位表示すれば成約率が高くなりますが、
そのぶんライバルが増えるので上位表示が難しくなります。

新商品なら書いてる人が少ないので狙い目ですが、
定番商品だとすでに上位表示してるサイトが強すぎて、
丁寧に書いても10位以下と言うことがザラにあります。

そこで今回は商標キーワード以外で狙うときの戦略について解説します。

商標・ジャンルキーワード以外を狙う

次にジャンルキーワードと言うのがあって、

例えば中古車査定ブログだったら、
「中古車査定+●●」みたいなキーワードだと
ライバルが多いから上位表示が難しくなります。

特化ブログをやってる方は特になんですが、
商標・ジャンルキーワードよりも、
専門用語でピンポイントに書いた方が上位表示しやすいです。

・商品名+●●
・専門用語+●●

例えば「プリウス+●●」、「バックモニター+●●」みたいな感じで、
車種名、専門用語をメインキーワードにした方が、
ライバルが少なくなるので上位表示しやすいです。

こう言うキーワードは商標・ジャンル自体のキーワード、
いわゆるビッグキーワードより検索ボリュームは減りますが、
それでも検索自体はされるので上位表示すればアクセスはきます。

車種名、機種名などは旬がある

ただ一つ欠点があって車種名、機種名が変わると
検索ボリュームがガクッと下がります。

例えば昔、日産でセドリック、グロリアという車がありましたが、
今はラインナップから消えてフーガになってます。

また東芝はパソコン事業から撤退するそうで、
仮にダイナブックで上位表示してたとしても
数年後には検索ボリュームがほとんどなくなるでしょう。

なので商品名、型番キーワードは本当の意味で、
息の長いロングレンジキーワードとは言えません。
 

ただ発売から1~2年は検索されますし、
もっと言うとモデルチェンジで商品名、型番が変わるまでは大丈夫です(^_^)ノ

なので早く報酬が欲しい人は狙っていきましょう^^

逆に軌道に乗ったらほったらかしにしたい人は
普遍的なキーワードを狙っていきましょ。
(ジャンル・悩みキーワードのことです)
 

また記事をガンガン書いて終わりにしがちですが、
買いてから数週間後に検索順位が何位になってるのか確認しましょう。

書いても書いても上位表示できない場合、
それに気付かずに更新だけしてると後で途方に暮れます。

そうじゃなくて上位表示できてないなら
もう少しニッチキーワードを狙うとか戦略を立ててやりましょう。

そうやって考えて書いていかないと100記事書いたけど
サッパリということにもなりかねないので(;^ω^)

友だち追加

合わせて読みたい記事

かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

teage2

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ