アイドルから学ぶ差別化戦略と記事ライティング

アイドルに限らずなんですが、
1つのジャンルを追っていくなら、
1番売れてる王道、スタンダードをベースにして、
それ以外がどういう戦略を取ってるかみた方がいいです。

例えばアイドルだとAKB48が一番売れてて、
いまの時代ではメインストリームになります。

つまりAKB48から、いかに差別化をするかで売れるか決まります。
 

組み合わせマジック

例えばエイベックス(大手音楽事務所)に、
スーパーガールズというアイドルグループがありますが、
エイベックスのわりにはイマイチ売れていません。

なぜかというとスーパーガールズは、
王道のアイドル路線なので差別化できてない
からです。

ようするにAKB48の二番煎じ感があるわけです。

・ハロプロ 歌・ダンスに特化
・perfume テクノ+アイドル
・ベビーメタル メタル+アイドル
・でんぱ組 オタク文化+アイドル
・ももクロ プロレス+アイドル
・さくら学院 15歳以下+アイドル

こんな感じで差別化をしてるのに、
スーパーガールズはそこまで強いウリがありません。

ハンバーガーからも差別化を学べる

またアイドルを知らない人でも、
ハンバーガーだと違いが言えると思います。

マクドナルドが王道、1番として、
ロッテリア、バーガーキング、モス、フレッシュネスなどなど、
なにを差別化してるのか勉強するイメージです。

ちなみにマクドナルドは安くて美味しいがウリですが、
モスバーガーは高くても美味しい路線なので、
同じハンバーガーでも差別化ができてます。
 

アフィリエイトもそうなんですが、
そのジャンルで有名なサイトがあって、
そこからいかに差別化をするかが勝負になります。

なのでジャンル問わず、
どういう差別化をしてるのか考えた方がいいです。

自動車業界から学ぶ差別化

例えば自動車だったら、あくまで私の主観になりますが…

・トヨタ ふつう、王道、丈夫
・日産 乗り心地がいい、内装がいい、スポーツ感はない
・ホンダ スポーツ感あり、内装がイマイチ
・三菱 不祥事が多い
・マツダ パッとしない
・スズキ 軽
・ダイハツ 軽

こんなイメージになります(笑)

イメージと言うか乗った経験もあります。
差別化っていうか私の印象ですね(笑)

比較記事は人気がある

違いを書くってのはコンテンツになります。

例えば私は家を建ててるので分かりますが、
まだ家を建てたことがない人は住宅メーカーの違いが分からないと思います。

積水ハウス、積水ハイム、ミサワ、ダイワなどなど、
色々なメーカーがあるので違いを書けばコンテンツになります。

最強に高い 積水ハウス
高い ハイム、ダイワ、エスバイエル
ふつう ミサワ
安い パナホーム、トヨタホーム

当時の私の記憶だとこんな感じです(今はどうか分かりません)

 

飲食店とかもそうですよね。

例えば香川県のさぬきうどんは、
他県から食べにくる人がいるくらい人気ですが、
ぶっちゃけどの店に行けばいいのか分からないと思います。

私は近いので何十店舗と行ってますが、
一口にさぬきうどんと言っても店によって
味のレベル差はかなりありますからね~

なのでそう言うのを紹介するのもコンテンツになります。
 

家電でもそうですが比較は人気記事になりやすいです。

現代は商品がありすぎるので、
それを比較してあげると人気記事ができますよ^^

無料メール講座

stockfoto_14612875_S

合わせて読みたい記事

かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

teage2

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ