和佐木坂ラジオ53と54話の感想【コンセプトと目標達成】

アフィリエイトかずぱん

【2016年 第1回】和佐・木坂ラジオ053「全ての道よ、俺に通じろ!」の感想です。

・ビジネスを始める前のリサーチが甘い
・あせって準備不足になってる
・カップ麺を食べただけで調子が悪くなる木坂さん
・人口の野菜がふつうになる時代がくる
・コンセプト=新しいビジネスの定義
・すでにあるコンセプトで考えるから上手く行かない

例)だっさい、ワインと戦う、海外向けにする。ウィスキーを再定義して女性向けのハイボール
 
例)鳥料理=焼き鳥、フライ これは普通、鳥寿司は斬新。鳥料理はなにか? で再定義する。

・なぜコレが世界、日本、地域に必要なのか考えるべき
・必要とされるものじゃないと意味がない
・再定義したコンセプトを多くみる、サンプルを増やす

これが私が聞いた時のメモになります^^

今回はコンセプトの話でとても大切に感じました。
新年一発目だけあって力を入れてますね~

「コンセプト=新しいビジネスの定義」
これが何のことかしっくりきてるかどうか?

私はピンときたのですがどうでしょうか?

また私がビビッときた部分とは違う視点もあると思いますので、聞いた感想などを書いてくださいね~

Fさんの感想

男性のイラスト

・定期的にわざとカラダに悪いものを食べる。
・○○はどうなるのかという発想ではダメ。どうしたいのかを考える。
・リサーチ(サンプル)が足りないとそもそも発想ができない。
・焦らない、見切り発車せず土台(根本的なコンセプト)などを固める。
・野菜はだいたい室内で育つ
・スーパーフードだけで人間は生きられる時代がくる可能性が高い
・質問が正しければ答えも正しい。自分に正しい質問を投げかける
・ビジネスの定義を作れ
・コンセプトメイキングは色々サンプリングしながらも半年はかかる
・セミナーに参加しても何かを生み出す為の情報はない
・どれだけ自分に問いかけるか、考えてきたかの訓練が必要
・情報だけ仕入れてもダメ。その情報を自分は使いこなせるのか実践してみる。
・ボルトの走り方をまねても早く走れないのと一緒。だから訓練する。
・ラグビーと格闘技のタックル

後半になればなるほど大切な話が多かったように感じます。

雑談でもへえ~という話が多いのでおもしろいのですが、
木坂さんと和佐さんはタイプが違うので1つのはなしで、2倍意見が聞けるのが良いですね。

一番印象深いのが何でも自分の体験したことはビジネスに落とし込める、何かを学ぶことが出来るということでした。

私は何かを経験したら今までは美味しかったとか楽しかったで終わっていたのですが、
そこから記事にできないかとか、なにか共通する事はないかとか少しずつ自然と考える癖が付いてきて、
そういった事をアウトプットするのは楽しくも感じてきました。

スラスラ記事が書けたりするので、苦ではないですし、
かずぱんさんみたいに早く帰って記事書きたいと思うことも以前より増えました。

 

サンプルを増やすとは色んな経験を積むことから始まると和佐さん達は言っていると感じましたし、
今、新しい体験を1日に1個はする運動に取り組んでいますが今後大きな財産になると思います。

もっと言えば、自分が取り組んでいるアフィリエイトの特化ブログのテーマとか
サイトアフィリのテーマにつなげられるように訓練を積んでいこうと思いました。

まずは意識することから始めてちょっとした事でも体験して
今自分がやっているアフィリエイトに生かせないか考えるようにしたいと思います。

和佐・木坂ラジオ054「自信がない人に聞いて欲しい大宇宙教という発想」

アフィリエイトかずぱん

・成功を信じる→成功者になりたいのか?
・目標がボヤっとしてる(月100万とか)
・木坂、成功体験はあるが自信がない(理タイプなのもありそう)
・自分の中で成功、失敗を分析する
・筋トレと仕事の疲れは違う=細かい差異を見る練習をする

・自分が本当にしたいことをする
・周囲から変に思われたくないからルーティンになる
・目標をガチガチにするとトラブル時サンクコストに引っ張られる
・1年後こうなりたいと具体的にイメージして、やるべきことを決める
・日本一、月100万とか数字にすると抽象的になる
・どんなシーンでなにがしたいのか、人に説明できるくらいストーリー化する

1.人生を丁寧に生きる
2.周りと違うことをする、新しいことをやる

これは前から木坂さんが言ってることですね~

例えばサービス残業なんていうのは
周囲の目を気にするからルーティンでやってるだけで
本当に毎日残る必要があるかと言えば違いますからね~

 

あと目標設定に関してはコミュニティーでも言いましたが
月50万とかザックリ設定したらダメというのとリンクしてるように感じました^^

例えば私だったらセミナー講師をやりつつ、自分のコンテンツを販売していく
木坂さん、和佐さんがやってるようなことをやりたいと言うイメージはありますが、月●●円稼ぎたいみたいなのはないです。

ようするに自転車大会で優勝みたいな文章にできるような目標じゃなくて、アファメーションのような感じで、
実際に優勝して表彰台にのぼって拍手されてたり、帰りの車で家族に「すごいね~」って言われながら満足して帰る姿をイメージするような感じでしょうね^^

 

余談ですが前回のコンセプトの話、今回の目標設定の話ともにしっくりくるので、神回だな~と感じました。

ただ全くの初心者レベルの人が聞いて、ついてこれるかと言うとやっぱり難しいんでしょうね(汗

特に木坂さんは難しい言葉をサラッと使いながら話すので、感情タイプの人だと拒否反応をおこしそうです(笑)

Fさんの感想

男性のイラスト

・ホントにそれがしたいのか自分に必要なのか問う
・目標は距離感。数値化した明確な目標が必ずしも良いワケではない
・大抵の目標は不測の事態が起きる。
・目標は抽象的でもイメージは具体的に
・ここまでやった事に対して縛られるので方向転換しにくい
・木坂はスラムダンクの赤木になるかも
・成功人物になりたいというのは本質をわかってない
・100%なりたい人などいない。
・自分でなりたい人物を作り、イメージするから目標ができる
・木坂さんは自信はない
・ありのまま自分を分析する。(成功や失敗体験を)

目標達成に関しての興味深い話でした。

具体的にイメージすることで日々やるべき事がみえてくるとありましたが、私も考えてみました。

 

1.●●ブログ、コニュニティを作って、メンバーさんから●●を●●。感謝されてこれからもよろしくお願いします。と言われる。

2.東京で仕事で失敗した惨めな自分の過去と決別するために、お金を稼いで一流ホテルのスイートルームに泊まり、あのころはみる事が出来なかった景色や食べ物を味わい、以前暮らしていたアパートまで行き「自分はこれだけ成功できた。あのころとは違う」と自分を褒めてあげる。

この二つが具体的にイメージできました。

 

1は自分もいまそれに挑戦中ですので、一緒の目標ができるので失敗も成功も生の経験として情報を発信できるし、それが役に立つと思いました。

2は以前から心の中で引っかかっていた、自分の中での人生の目標となっているものですね。

「自分を変える習慣力」という本を読んで、自分が本当にやりたい願いを掘り下げていった時に、出てきた答えであり、自分にしかわからない願望でもあります。

でもスッとイメージできました。この二つの為なら毎日頑張れると思えました。

今回も聞いていただけでは落とし込めなかったことがあったので、このアウトプットをやってよかったです(^^)

 

無料のyoutubeラジオより濃い、和佐木坂節を楽しみたい方へ↓

⇒和佐木坂ラジオプレミアムはこちら

友だち追加

合わせて読みたい記事

かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

teage2

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ