ブログを毎日続ける方法【和佐木坂ラジオ68と69】

アフィリエイトかずぱん

和佐・木坂ラジオ068「コンテンツを小刻みに作ることの重要性」

・年間でコンテンツを作るより月別で作って、結果的に1年の方が楽
・先を見越して計画を立てると腰が重くなる
・1日1日、目の前のことをやっていくべき
・考えるピントがズレてる
・ブログを書くは無理、これについて書こうなら書ける
・ムダ、失敗をしたくないから動けない、とりあえず動くべし
・結果を求めず、目の前のことをやっていく
・その時のライブ感を大切にする

今回はメジャーなテーマである考えすぎて動けない人へでしたね。

私はフットワークが軽い方で、とりあえずやってから考える派なので、和佐、木坂さんと同じように「この人はなぜ動かないのか?」と感じます。

100記事書こうと思うから気が遠くなるわけで、毎日書いてたら結果的に100記事行ってたというのが理想ですし、今回、二人がいってることもそういうことになります。

 

最後のライブ感はSDメルマガはまさにコレで、その時、書きたいことをパッと書きます。

またスカイプコンサルも話すことは決めてなくて、その時の流れでアドバイスをしていくのでライブ感と言うのもしっくりきますね^^

和佐・木坂ラジオ069「和佐・木坂は直感を信じるのか?」

アフィリエイトかずぱん

・直感は信じない、直観は信じる
・見えた時は「コレか」となるからスッとできる
・直感で良いと思ったモノが書いてる内に変わるのは良い
・直感力がない人は選択を間違い続ける
・自らを信じてない=絶望した経験がある
・自分の外に真があって、自分を客観的に見るべき
・完全にオリジナルなコンテンツは出せない
・すごい人を自分とは違う特別な人と思ってる人が多い
・新しいことを始めるための直観は良いが、正しいかどうかの直感は信じるべきではない
・自分のビジネスの状態を他人に話すつもりで問いかけば第三者の問いかけはいらない

直観というのはあまり感じたことがなくて、私の場合はアフィリエイト、プライベートでもフットワークが軽いので、直感ではじめるというのは出来てるように感じました。

直感はたしかに外れることの方が多くて、「コレはいける!」と思って記事を書いたけど、あまり伸びなかったという経験は多いので、結果的にアレコレやるしかないと考えいます。

そう言う意味ではふつうの人よりは、自らを信じていないようにも感じます、しかし100%客観視できてるかというとそれも微妙ですね。

 

ただ数年前に比べるとかなり客観的、相対的に、ものごとを見れるようになってきました。

昔は自分はこう思うから、コレが正しいみたいな感じで、他の人の意見は間違ってるみたいに感じてましたが、最近は「そう言う視点もあるな」と思えるので。

 

スゴイ人を自分と分けてる人が多いというのは、そう考えないと心が持たないからだと思います。

スポーツでも、勉強でも「あの人は才能が…」と思わないと、気持ちが持たないから特別視するんでしょうね~

実際に和佐さんを含め、他にも億越えレベルの人と会いましたが意外とふつうですし、アイドルと握手とかしても意外と普通です。

私の感覚では昔からそうなんですが、才能とか言う人は努力しない人の逃げと考えてますが、一般的には特別視してる人が多いように感じますね~

Fさんの感想

男性のイラスト

和佐・木坂ラジオ069「和佐・木坂は直感を信じるのか?」

・和佐 直感は信じない。
・木坂 直観は信じる。
・2人とも自分の感覚を信じていない。
・感覚が鈍っている人が直感を信じるのは危険
・和佐 自信がない、人生を楽観視している。人はいつか死ぬ。
・自信がないからアバウトに生きることもできる。
・正解は自分の中にはなく、第三者が決めるモノ。
・オリジナリティは自分の中にはない。
・始めるきっかけとして直感を頼りにするのはOK

私も直感にしたがって何かを始めるという経験はあまりないですね。

どうしても下調べというかリサーチを簡単にでもやって、コレならいけそうとかイメージできてから始める傾向にあります。そういう意味では木坂さんの直観に近い気がします。

アフィリエイトも株やFXなどお金を儲ける手段として知って、特徴、メリット、デメリットを考えた上で一番理想的なやり方だったので始めたと思います。

 

自信という面ではアフィリエイトをするようになって、どんどんいい意味で削られていきましたね(汗)

自分ってほんとにダメだなから始まって、謙虚に学ぶことを知り、成果がでることで、努力することや楽して稼げるみたいな事はありえないと分かりました。

なので以前より楽観視というか、不必要に落ち込むことも少なくなったかなと感じます。

アフィリエイトを始めて1年半くらいですが、その年月でもっと稼ぐ人はゴロゴロいますし、以前ならそういった人達と比べて、俺って駄目だなと思っていたはずです(;^ω^)

でも今では何にもやってなかった過去と比べて、1年半でこれだけ収入を増やせたことは、間違いじゃなかったと感じることもできます。

実際にお金に余裕が生まれて、いい意味でもっと頑張ろうと思えるようになりましたし、物事を楽観視できるのもある程度の余裕があるからでしょうね。

かずぱんさんの回答

アフィリエイトかずぱん

あ~どうでしょうね、、、私が思うにはそれだと直感で始めてることになるはずですよ、選択肢の中から直感で株が良いと思って色々調べてるわけですから。

木坂さんの言う直観はやる前から答えが見えてるような感覚なので、もし直観で株式を始めてるならやる前から成功することが分かってて、実際に今頃は億万長者になってるはずです。

後半に正解は神様しかわからないと言うくだりがあるので直観は神様の見えざる手みたいな感覚でしょうね。

ゴルフで言うと打つ前にラインが見えて打ったら入った、サッカーだとなぜだか分からないけど走ったらボールがきて打ったら入ったみたいな。

 

和佐さんは直感で書きはじめて、終わってみると違うモノができたと言ってて、直感で始めて直観になるのは良いと木坂さんも言ってます。

Aと書くつもりが神様の見えざる手でBになって、そのままアップしたら成功するみたい感覚でしょう。

アイデアがポンと出る、むしの知らせ、胸さわぎ、悪い予感など、いわゆる奇跡に近いような、神様のおこした偶然みたいな。

だから直感で始めろってことでしょうね、直観は狙っておこせるモノじゃないですから。

で、私はゾーンに入った時、無意識の時に直観は起きるんじゃないかと考えてます。そう考えると直観は人生ふりかえってみても少ないかな~と。

 

無料のyoutubeラジオより濃い、和佐木坂節を楽しみたい方へ↓

⇒和佐木坂ラジオプレミアムはこちら

友だち追加

合わせて読みたい記事

かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

teage2

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ