USPとMSPとコミュニティー和佐・木坂ラジオ070と71

アフィリエイトかずぱん

和佐・木坂ラジオ070「USPからMSPの時代へ、の真意」

・MSPは体現してる必要がある
・過去の経験には価値があり、自分が思ってる以上に他人は価値を感じてる
・色々やってる内に1.5流が増えてくる、チャレンジしていく
・FBはリアル友達はブロックor新しい名前でやる
・過去に縛られてる人が多い
・MSPは自分の成長と共に変わっていく

木坂さんのセミナーを受けてないとMSP自体が、イマイチ分からないと思うので、今回の話はぼんやりすると思います(汗)

MSPを作ろうと思うと難航する人が多いので、あまり深いりしない方が良いですね(;^ω^)

あと1.5流は80点をたくさん増やそうみたいなイメージです、3流を増やすと広く浅く、1流が1個だけだと狭く深くなので広く深くやろうぜ~みたいな感じです。

 

最終的には色んなことにチャレンジしようみたいな締めでしたね~

色んなことにチャレンジして、自分を成長させ1.5流を増やさないと価値が出ない、するとMSPもしょぼくなるから上手く行かないみたいな。

そうなると1日1キチガイ運動に行きつくように感じますし、これについてはずっと昔から二人とも言ってることなので、習慣レベルでやってるかどうかで差が出るでしょうね~

Fさんの感想

男性のイラスト

・MSPとはどういう存在でいるか?自分とは何なのか?
・USP同士では限界があるのでコラボすれば良い
・USPは作り込める
・MSPは体現していることが重要
・誰が何に価値を感じているか自分で判断してはいけない。YOUTUBERが良い例。
・何かの1.5流、2流を沢山つくれ
・1.5流の総合体がMSPになる。
・1.5流は難しくない
・ノウハウコレクターで終わってしまってはもったいない。

冒頭の話からMSPがいきなり出てきたので、最初は訳がわからなかったですね(;^ω^)

USPもよくわからない状態でしたから。話を聞いていくとぼんやりとは理解出来ました。

今回は1.5流を作っていく事について興味がもてました。

前々から言われていることですが、ある程度のレベルまで達して、それを幾つも持つ事、色んな視点を手に入れて自分だけが生み出せる価値を提供できる。

 

そこで1つ思ったのが1.5流とはどの位のレベルの事を指すのか? という事です。

以前スカイプで教えてもらった、サイトアフィリエイターのブログを拝見させてもらいましたが、その方は知らないジャンルであれば、本を5~6冊買って、それを3~5回読んで、自分の言葉だけで記事を書けるくらいに勉強すると書いてありました。

それくらいであれば、1.5流と呼べるのでしょうか?

かずぱんさんの返事

木坂さんのいう1.5流はみっちりやって3~6ヶ月くらいなので、5~6冊本を読んだくらいだと中級者、2流くらいでしょうね~

1流がプロなので、1.5流はセミプロくらい、アマチュアではかなり知識があるみたいなイメージです。

仕事、部活、趣味などで長年やってるモノがあれば、いくつかは1.5流があると思います。

例えばランニング×サッカー×アフィリエイトみたいに、1.5流を組み合わせたらライバル不在になるし、人間としても、情報発信にも厚みが出ます。

そうやって1.5流を増やすことを、要塞を作るとか表現してるわけですね~

和佐木坂ラジオ71回目

アフィリエイトかずぱん

「お前に何が出来んの?という未来」和佐・木坂ラジオ071

・自分と同級生(同じレベルの人)を持つべき
・学校がなくてもネットで高い教育を受けれ、友人も作れる
・内向的な人 先天性があり、なにかを生み出す能力があり、同じ作業を繰り返しできる
・内向的=個性と考え強みとして伸ばしていく
・新しいことをやったら1、2回目は失敗、あきらめずに3回目もやると上手くいく
・色々なコミュニティーに入れて好き嫌い、向き不向きをみる
・イヤイヤやると脳は吸収しない、好きなことだと活発化する
・お金の価値が相対的に下がる
・好きなことをやれば良い

和佐さんが言いたかったことは、一人でやらずにコミュニティーに入って、みんなでやろうぜってことでしょうね~

で、あとあとメルマガでコミュニティーのオファーがくるみたいな(笑) このあたりの伏線のはりかたは参考になりますね。

 

学校教育については私も同感で、旧帝大、早慶一橋とかでてない限り意味ないですよね。岡山大学みたいな地方国立レベルだと良い所には就職できないので。

なので私としては子供を良い大学へ行かそうって意識はなくて、ビジネスを教えて自分で生きていけるようにした方が良いと思ってます。

私が子供の頃は良い大学→良い企業ってのが勝ち組パターンでしたが、いまは良い大学を出ても人生、上手く行ってない人がいるので、自分の子供が大きくなる頃にはもっとパラダイムが変わってるはずですから。

 

ただ自宅で高い教育を学べるから学校へ行かなくなった場合、強制力がないから勉強する子、しない子の差が激しくなりレベル差が広がるように感じます。高い水準で使える人間を量産するのが日本教育ですから。

親としては好きなこと、向き不向きをみるためにいろんな習い事、スポーツなどをやらせたい所ですが、時間の都合もあるから難しいとリアルタイムで思ってるところです。。。子供の送り迎えがネックなんですよね、習い事は。

Fさんの感想

男性のイラスト

・同級生を作ってそこから学ぶ
・会社につとめる為に学校は作られていた。
・ネットでどれだけの人に関わることができるかが大事
・無理に学校にいって授業を受ける必要はなくなってきている
・内向的な子供は同じことがずっとできる
・3回やる前にやめる。一回目ではダメな事が多い
・教育はそのこのポテンシャルを引き出すためのきっかけ
・試しに色々やりたいことをやらせる
・やりたくないことを無理やりやらせても脳はなにも成長していない
・コンピューターに取って代わられる時代がくる

教育から未来の話まで興味深い話が多かったです。

私にも小学校の娘がいますが、これからどう教育させていくか一つ勉強になりました。

娘は小4なので、自分でやりたい事を見つけてきて意思表示します。例えば4月から部活動が始まって何に入るのか聞いてみたところ、バレーボールと答えました。

個人的には意外な答えで、うちの子は内向的だと思っていたので団体競技はやりたがらないだろうと予測していたのですが、やりたいという気持ちが強くて驚きました。

 

ラジオでも言われているようにやりたい事をやらせる。もし途中で辞めてもつぎにやりたい事をどんどんやらせる。そうして経験を積んでどれが一番自分に向いているのか考えさせようと今は思っています。

強制させるつもりはないのですが、やるからには真剣にやれと伝えています。適当にやっても何も感じず終わってしまいますので。

 

私はどちらかというと社会からはみ出さない様に、小学校から大学、就職まで教育されてきた感があります。

で、こんな人生じゃ駄目だと感じネットビジネスに取り組んだワケですが、かずぱんさんや色んな人達とコミュニケーションがとれて狭い、こり固まった考え、世界観から少しずつ脱皮できている気がします。

昔の自分だったら、和佐さんや木坂さんはまったく別世界の人だと感じるはずですから。

子供には好きなことをやってお金を稼ぐ方法はいくらでもあると伝えたいですね。なんとなくみんなが就職するから自分もするという流される子にはなってほしくないと思います。

 

無料のyoutubeラジオより濃い、和佐木坂節を楽しみたい方へ↓

⇒和佐木坂ラジオプレミアムはこちら

友だち追加

合わせて読みたい記事

かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

teage2

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ