障害者でも稼げるネット副業【和佐木坂ラジオ087と88と89と90回】

アフィリエイトかずぱん

和佐・木坂ラジオ087 虐待と尊敬と行動力の関係性

・虐待に気付き、逃げたり、距離を置いたり、気にしないようにする
・家庭、会社などで1つ尊敬されるモノを作れば虐待されない
・早く結果を求めるから続かない
・少しの時間でもコツコツやるべき

家に帰ると子供がうるさいし、嫁がイライラしてるから帰りたくないって人はいますね。

雨上がり決死隊の宮迫も、家に帰るのがイヤで、公園で2時間くらい時間を潰すと言ってました。家庭、会社に問題があると、エネルギーを取られるので改善は必要ですね~

早く結果を求めるから続かない、そもそも早く結果が出ると思ってる時点で、知性がないと木坂さんが言ってましたが、なるほどと思いました。

たしかに楽して、簡単に~系にハマる人って、「知性がない=情報弱者=だまされやすい」ように感じます。

Fさんの感想

男性のイラスト

和佐・木坂ラジオ087「虐待と尊敬と行動力の関係性」

・行動に移せない、続かない人が多い
・存在が許されない=虐待
・尊敬されるようなところを作れ
・すぐに結果を得られないからやめてしまうでは尊敬されない
・コツコツ続けるしかない
・虐待からは逃げる事

前半は雑談が多かったですが、確かに毎年暑くなってきているのは感じますね(;^ω^)

36℃とか私の子供の頃は考えられなかったですので。寒暖差があるためか、またしても風邪をひいてしまったので、睡眠と食事に今後はもっと気を配ろうと思います。

後半は何か家族や周りの人に尊敬されるような事を成し遂げる事が大事というか、虐待から逃れられる手段だと感じました。

確かに1億円現金で上げられれば何も言われないでしょうし、そこまでいかずとも年に1回旅行に連れていくだけでも十分だと感じます。

 

そして、成功するにはやはり続ける事しかないと改めて感じました。

そんなこと当たり前だろみたいな感じで話していましたが、それ程大きな金額ではありませんが、私が稼げるようになったのも続けたからに間違いはありません。

和佐木坂ラジオ88回目

アフィリエイトかずぱん

シン・ゴジラに見る時代性とこれからの時代

・すでにあるものを再加工するのが日本人はうまい
・みんなが理解、実感できる抽象度にする
・検索キーワードで読者層がわかる(例 つけまつげ、つけま)
・読者のニーズを満たす情報を出す
・誰でも書ける●●の使い方みたいな記事は飽和する
・レビュー、実践記を社員に書かせる、組織化

私がふだんから言ってますが、読者が分かる用語を使う、キーワードから読者層をイメージして書くと言う話がありました。

そしてそれが出来ない人は厳しくなる、でも徹底的にリサーチをすれば求めるモノは分かると言ってました。

そう考えると将来的には、コレなら他人には負けないってモノを持った方が良いですね。

複数のジャンルをリサーチするよりは、自分自身がそのジャンルにどっぷりつかった方が有利ですから。

和佐木坂ラジオ89回目

アフィリエイトかずぱん

「漫画・映画・エンターテイメントから学ぶ秘訣」

・学ぶ気、生かす気がないと生かせない
・残ってるもの、流行したものから学ぶ
・ビジネスに限定せず色々と見る
・環境で脳の構造が変わる
・状況を変えずに人生を変えるのは難しい、状況は変えれる

アンテナを立てるって話、環境が自分を作るって話ですね。

なにからでも学ぶ、生かすについては、私の場合はそう言う脳になってるから良いのですが、最初は意識的にやらないと難しいと思います。

一度、習慣になれば何をしてても勉強会になるので、早い段階で身につけたいスキルですね。

環境については腐ったみかんの話じゃないですが、人間は周囲の環境、状況の影響を無意識的に受けるので、少しずつ環境を変えていく、パターン化せずに新しいことに挑戦するのが大切ですね。

和佐木坂ラジオ90回目

アフィリエイトかずぱん

和佐・木坂ラジオ090「親の役割と子供の成長と素晴らしき若者の可能性」

・IBMなどの企業が10年先を見据えて、なにに設備投資してるか見る
・子供のころからネットに触れされて、ネットで失敗さすべき
・努力が評価される場所へ子供を行かすべき
・評価される場がリアルからネットへ
・ネットで子供も色々な知識を学べる

我々が子供の頃は運動ができるとか、ゲームが上手いとかが評価の対象になってましたが、将来的にはネットでどう評価されるかが重要になるってことですね~

これは私自身も実感はあって、自転車ブログを見てると仕事はボチボチだけどロードバイクに乗ったらすごいみたいな人はいます。

そう言うひとは会社での評価、家庭での評価とは別に、もう一つの居場所を持ってることになるので、嫌なことがあっても耐えれるように思います。

逆に仕事ばかりやってる人は家庭の評価が悪くなるので、ネットで活動してないと、仕事しか残されてない状態になるので精神的にキツイんじゃないかな~と感じますね。

 

ネットがあれば図書館に行かなくても、子供が勉強することができると言うくだりがありましたが、コレは大人でも同じことが言えます。

私はスマホで色々と調べますが、なにも調べずゲームばかりする人もいます。

つまりネットのおかげで情報には常に触れれるけど、調べる人、そうでない人に分かれることになります。

そうすると情報格差が広がるので、ココでも二極化が起きてしまうんですよね(;^ω^)

Fさんの感想

男性のイラスト

和佐・木坂ラジオ090「親の役割と子供の成長と素晴らしき若者の可能性」

・就職の形態・あり方は今後完全に変わってしまう
・現代を代表する企業はAIや宇宙開発にお金を投資している
・のほほんと生きていてもある意味自由は得られる
・ぷち炎上を体験していくことで身をもって経験する
・我々が考えるリアルがバーチャルになっている
・障害者や発達障害の人でもインターネットでは居場所がある

改めて、世の中はすごいスピードで変化していっていると感じました(;´・ω・)

普通に生活していたらなかなか実感できないことなので、そういった意味でも情報を定期的に取り入れることは大事ですね。

これまでの価値観が変わってきているのは確実で、私たちは新しい考え方をアリかナシかで考えがちですが、現実はもうそうなっているので、そこを受け入れてそのリアルに対してどういった価値を提供できるか? という視点は勉強になりました。

やはり、どうしても若い人たちの考え方、スタイルを自分たちがさも正しいといわんばかりに、当てはめようとする人たちが会社でも多いですね…年配になればその傾向は強い気がします。

でも、なんでもかんでも受け入れてとりあえずやってみるというやり方は、器用貧乏になって軸というか信念みたいなものが確立されないのでは?

とも思いました。フラフラしてしまって、アフィリエイトでいうノウハウコレクターみたいな(;´・ω・)

いろんな価値観や考え方はあってもよいと思いますが、情報を浴びまくるだけでなく、時には深く考えることも必要だと思います。

 

無料のyoutubeラジオより濃い、和佐木坂節を楽しみたい方へ↓

⇒和佐木坂ラジオプレミアムはこちら

友だち追加

合わせて読みたい記事

かずぱんへのご質問・ご相談はこちら

teage2

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ